建築・設計・注文住宅は、長岡市川口の小宮山建築事務所にお任せください。

家づくり日誌
2011.2.23

木工事⑫仕上げ O様邸

大工の木工事もクライマックス!
塗装やさん・内装やさんとの並行作業です。
3階→2階→1階と、大工のあとを追いかけて・・・、各階で各職人たちが活躍しています!

・塗装カラー:淡い黄褐色
・壁紙カラー:クリーム色
どちらもやわらかく温かな印象です。

・キッチンカラー:淡いグリーンの扉+鮮やかなイエローのシンク
さわやか、そして可愛らしい組み合わせになりました。

*最近はお天気がよく、青空の色もだんだんと濃くなってきています。
  今日、O様がご姉妹で現場にいらっしゃいました。
  鋭いツッコミがあったりと、仲の良いお二人の掛け合いに楽しませてもらいました♪
  サンタカラーのミニO様、この現場へ初ドライブ!お疲れさまでした!

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |
2011.2.19

木工事⑪カウンター O様邸

カウンター・棚の取付工事、こんな風に進んでいます。

『ここにこんなモノを置きたいな』
『置ける場所があったら便利だな』のアイデアをもとに、

出来上がっていく現場を見ながらお客様と一緒に考え・寸法をまとめたら、

あとは大工が『まかしとけ!』と腕を振るってくれます。

どんな形もつくれます。曲線などはもう芸術の域ですね。
美しい仕上がり。カンナ(手動)・サンダー(電動)を駆使しています。

そして手際よく取付。
現場では図面どおりにいかないこともありますが、
(加えて、『やっぱりこうしたい!』と変更のお願いをする事もありますが・・・)
意図を汲んで、気持ちよく納めてくれるのです。

※今週の【猫の手代行】は、ダボ栓づくりでした。
 来週は木工事も最終段階に入り、もっと慌しくなることでしょう。
 【塗装】・【内装】・【設備】・【電気】など職人さんが大集合!
 お邪魔にならないように、現場を見守りたいと思います。。。

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |
2011.2.17

木工事⑨ O様邸

O様邸、3Fの木工事はほぼ完了!
ここからは順に、『塗装工事・クロス工事』へ移っていきます。

2Fはというと、キッチンまわりの細かい造作がしっかり終わって、
本日はシステムキッチンを施工しています。
カウンターや棚、それに便利な仕様満載のキッチン・・・
お料理するのも、今まで以上に楽しくなることでしょう♪

※まだまだ棚工事が残っていて、ひとつずつひとつずつ、大工が取り組んでおります。
猫の手の代わりに、棚板仕上のサンダー掛を・・・。 『棟梁、チェックお願いします!』
なかなかの出来映え?! O様、どうぞお楽しみに!

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |
2011.2.12

木工事⑧ O様邸

助っ人に来てくれる大工さんの段取りをささっと済ませた棟梁、
カウンターの造作に取り掛かりました。
O様との打合せ通りに、納まりよく取り付けていきます。

その後ろを追いかけるように、壁にはボードが張られてゆきます。
目にも止らぬ速さです。
リビング・キッチンまわりは、棚などの造作が絡み合ってくるところ。
時間をかけて納まりのチェック。
寸法をおっかけながら、お茶をすすりながら、考えをまとめていきます。

※現場にいると、つい夢中になって時間を忘れてしまいます。
 気づくと外は真っ暗・・・どうりでお腹がすくワケだ、と思うのでした。。。
 

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |
2011.2.08

木工事⑦ O様邸

降り続いた雪が、やっと一段落・・・  除雪作業も、おっかけ一段落・・・
O様邸、雪下ろしをしてすっきり!
完成へラストスパート、木工事の再開です。

業者さんたちとも、現場ではひさしぶりの再会です。
除雪で鍛えられた体で集結!休憩中は『豪雪談義』に花が咲いてます。
棚板・カウンターの取付をしながら、壁の下地ボードを張って、
一部屋ずつ決まりをつけていきます。

※週末になると、可愛らしい特級建築士が、
 現場を飛び回って『監督』してくれています。

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |
2011.1.24

木工事⑥ O様邸

今年の雪、よく降ります。
現場にもしっかり積もっていて、まずは入口の除雪作業から仕事開始!!
玄関には、長靴が並んでおります。

年が明けて大工は2名、床のフローリングを施工中。
一番の年長者と一番の若手の名コンビ、にぎやかに工事を行っています。
床張りと並行して、カウンター・棚の加工も始まります。

*屋根の雪下ろしの依頼が多く、こちらの現場を空ける日もあるこの頃・・・。
 O様ファミリーとの打合せの方が、どんどん順調に進んでいっております。
 棚等も決まって、内装の色選びをしているところ。
 お子様が元気に飛び回って、打合せもとってもにぎやかです♪♪

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.12.28

木工事⑤ O様邸

O様邸の内部の【造作工事】、天井のボード張りが完了しました。
ここまでは、人手を集めて効率よく施工を進めてきましたが、
これからは、棟梁とO様とじっくり取り組んでいきたいと思います。

ユニットバスが入ったり、建具の枠が納まったり、
足場が無事外れたり(この日は猛吹雪でした!)と、
この上なく順調な工程・・・皆さまのご協力のおかげです。
来春の完成に向けて、来年もがんばりましょ~う♪

*階段がかかって、足元も安全になりましたので、
 O様ファミリーと現場にての打合せ、
 細部の確認・検討を【じっくり】おこないます。
 次回の打合せが楽しみです!

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.12.24

木工事④ O様邸

O様邸、断熱材吹付施工後は、大工による【造作工事】が本格化!
まずは、根太を伏せて床まわりの施工・・・足元から固めていきます。
それから、間仕切の壁下地をおこして・・・各部屋のサイズが見えてきました。

・玄関框の取り付け・・・玄関ホールに鎮座、皆様をお迎えします。
・階段の取り付け・・・3層にまわる階段、加工しながら取り付けます。
・設備配管・・・キッチン、ユニットバス、トイレ等の給水・給湯・排水の配管を設置します。
・電気配線・・・スイッチ、コンセント位置を現場で打合せ、使い方を確認して施工します。

*年内工事もあと少し、ここまで順調に進みました。
 外部の足場を解体して、『全景があきらかに?!』と思った矢先、
 雪煙るホワイトクリスマスとなりました。

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.12.15

断熱材吹付工事 O様邸

今週のO様邸は、【エアライト(断熱材)吹付工事】から始まりました。
シューっと噴射→モコモコとふくらんで→隙間なく断熱材が充填されていきます。
天井~壁~床下、すっぽりと断熱材に包まれた室内は、ポットの中にいるような感じ。
暑い・寒い外気から守ってくれる&冷房・暖房の効果を逃がさない!というわけです。

 

先週から施工していた【外壁工事】も無事完了!
途端に雪が降り出しました。板金やさん、ナイスタイミング!

この雪が落ち着くであろう来週には外部の諸工事を完了させて、
足場撤去まで猛ダッシュです。
なんだか、おかげ様でうまくいきそう♪

*週末は、O様と現場にて打合せ予定です。
 断熱後とはいえ、長丁場にならないよう、段取りよくいきま~す。

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.12.10

木工事③ O様邸

O様邸はファース工法を採用した【ファースの家】です。
ファースの家の断熱工事は徹底しているので、
『 エアライト(断熱材) 』 の施工に至るまでの下地工事にも、
下記のようなポイント(仕組み)がいっぱいで、多少手間がかかります。
来週の【エアライト吹付工事】に向けて『全員集合!』で施工にあたっているところ・・・。

エアーネット

エアネット

屋根下地材と断熱層の間にも空気層(小屋裏通気)を設けます。
設置したエアーネットにファース工法専用の断熱材 『エアライト』 を発泡し、断熱層を造ります。

* ネット下地による現場発泡樹脂断熱方法
 (特許第 3008014 号)

 
 

エアネット3

現場発泡樹脂材の施工厚さを確保するための硬質樹脂製のゲージ部材を、天井・壁・床に取付。

* 現場発泡樹脂材厚さ特定ゲージ
 (実用新案 登録第 2574097 号)

 

 

 

ファイヤーストッパー

ファイヤーストッパー2

火炎が燃え広がらず、且つ壁内の通気を損なわない程度の孔を開けた部材です。
 断熱層内の壁の内側に通気層を設け、空気を循環させることで、建物全体の空調環境を保つ仕組みをとっているファースの家では、もしもの火災時に空気と一緒に火炎が回らないようにファイヤーストッパーを設置します。

* 孔あき火炎ストッパー
 (実用新案 登録第 2602533号)

  

空気の道

空気の通り道空気の通り道2

 

 

 

 

 

窓台の下端の間柱にもひと手間かけて空気の道を造ってあげます。
壁内を通る空気が行き止まりにならないように、
上下左右にポコポコ開いている空気の道です。

空気が循環するということは、
暖房のあたたかい空気も冷房のひんやりした空気も、家中を駆け巡るということ。
家の中の温度が一定になる温度のバリアフリーで、体に優しい『ファースの家』なんです。

resize1574resize1575
 

 

 

 

 

(断熱前) 壁 ↑            (断熱前) 床下 ↑

*断熱材『エアライト』施工後の現場、見学も可能ですよ♪
 外は雪の冬工事でも、断熱後の室内はあたたかさを逃がしません!

O邸 現場日誌 | 小宮山建築事務所 |

トップ 会社概要 ieナビ 家づくり日誌 施工例 新着情報
お問い合わせ リンク集 サイトマップ

株式会社 小宮山建築事務所
〒949-7513 新潟県長岡市西川口1867
TEL.0258-89-2107 FAX.0258-89-4780 MAIL.info@komiyama-ie.com

ページの先頭へ戻る