建築・設計・注文住宅は、長岡市川口の小宮山建築事務所にお任せください。

家づくり日誌
2010.7.08

I 様邸 基礎工事 

基礎工事が進められています。
高床式の I 様邸では、1階RC部分の躯体までを基礎工事と称して施工します。
なので基礎工事は、約1ヶ月の間に幾つもの工程を行う大工事となります!
建物を支える大切な部分、工期面でも、費用面でも占める割合の大きい基礎工事です。

床掘り作業~砕石敷き込み~捨コン打設

7/5  丁張の貫に基礎の芯墨を出しています。7-5 床掘墨出

       本日の作業工程 
     ① 床掘り 設計GLより 670 ㎜
     ② 砕石敷き込み     120 ㎜
     ③ 捨てコンクリート打設  50 ㎜

    夕方まで天候がもってくれますように!!

    

  墨出し~ベース型枠

7/67-6 ベース墨出  捨てコンクリート(平面)に墨出し作業中。

       本日の作業工程 
     ① 墨出し作業 
     ② ベース型枠 W 600 ㎜ H 150 ㎜

    布基礎が1階の躯体になる高床式では、
    W 180 ㎜ (200 ㎜)のRC躯体部分とW 120 ㎜
    の木造部分(土台)との納まり調整をとるため
    芯ズレ箇所が多く発生してしまいます。。。

『Y0 と Y1 通りは外 90 の内 110、Y2 通りは外 60 の内 120、Y4 通りは外 120 の内60、、、』
職人さんは図面を見ながら復唱し、慎重に墨出し作業されていました。  ご苦労様です!
 

ベース・地中梁配筋

7-7 ベース配筋7/7  ベース配筋作業に入りました。

       本日の作業工程 
     ① ベース配筋 4-D 13 
     ② 地中梁(FB 1 )配筋  W200 H400
       上下2-D16  ループ D10 @200
     ③ 地中梁(FB 2 )配筋 W180 H400
       上下2-D16  ループ D10 @200

とっても蒸し暑い一日。
中腰での、下を向いての作業は大変そうでした。
顔からはつぶつぶの汗が噴き出して。。。
コンクリートには雨が降り出したかと見間違うほど、ポツポツと濃いグレーの○がありました。

縦筋配筋~社内配筋検査

7/8  ベース下端よりの高さ 3600㎜の縦筋です。  7-8 地中梁配筋   

     本日の作業工程 
     ① 縦筋配筋 D10 @200(W) 
     ② 社内配筋検査 
       鉄筋の仕様・ピッチ・継手・定着長さ

    弊社専務は180cmを超える長身ですが、
    I 様邸の縦筋は3600㎜と高いので。。。
    まるで鉄筋の森に迷い込んだ子供のよう!
    なんだか、可愛らしく見えました。

家づくり日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.7.02

I 様邸 地盤改良完了

I 様邸の地盤からは、かなり大物のお宝がザックザックと出土し、驚かされました。
それでも、42本(Φ600 L2~3.5m)の柱状改良の工程は予定通りに遂行され。。。
本日職人さんは、何事も無かったように埋め戻し作業をしておりました。  が、しかし、
後ろを見れば瓦礫(石とコンクリートの塊)の山で、作業が難航したであろうことが窺えます。 

敷地を購入する際には、解らなかったこと。。。
地盤調査でも、わからなかったこと。。。
実際に工事を始めてから直面すること。。。 

現場では色んなことが突発的に起こるので、どう対処するかで人の器が試されます。
今回は、協力業者さんの計らいで段取りがつき、明日これらの瓦礫は搬出されます!
気持ちにも、予算にも、工程にも、ある程度の余裕が必要だとつくづく思いました。
それから、もうひとつ。。。 改めて感じたのは、協力業者さんのありがたさ!!

 『心より感謝いたします。 いつも、いつも、い~っつも、ありがとうございます!』

家づくり日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.7.01

I 様邸 仮設工事

本日は、これから I 様邸が完成するまでの長い間、現場を見守るように鎮座し続ける、工事看板と仮設トイレの搬入及び設置作業を行いました。 


   工事看板は目立つ位置に!       仮設トイレは目立たない位置に!

もちろん、事前に工事に支障のない位置をよ~く検討してから搬入し設置しました。

*ご近所のみなさんのこと
*作業使用する職人さんのこと
*建て方時のレッカーのこと
*材料の搬入・置き場のこと
*汲取りをする時のこと

工事期間中ご迷惑をお掛けするご近所への配慮、職人としての責任と誇りをもって、
I 様邸の現場が気持ちよく進められるよう、頑張ります。

家づくり日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.6.30

I 様邸 地盤改良

地盤調査の結果、、、 I 様邸の敷地地盤は高床3階建ての住宅を建てるだけの
地耐力が確保できず、柱状改良をすることになりました。

作業開始初日は、梅雨時とは思えないほどのぴっかぴっかの青空でした。
『地鎮祭と一緒に、天気祭りもしたのかい?』 と職人さんにからかわれちゃいました。

家づくり日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.6.27

I 様邸 地鎮祭

I 様邸建築工事の安全と、
I 様ご家族を初め、工事関係者各位の発展を祈願して
地鎮祭並びに着工研修会を執り行いました。

梅雨時らしい空模様でしたが 雨降って地固まる。 です!!
『雨にも負けず、風にも負けず、夏の暑さにも負けず。。。』 の精神で、
これからの工事に、関係者一同協力して臨む覚悟ができた地鎮祭・着工研修会でした。

家づくり日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.6.25

I 様邸 丁張作業

ユニークな敷地、I 様邸の丁張作業をおこないました。

直角とか、平行とか、平坦といったことには無縁の、こちら I 様邸の敷地は。。。
敷地外周の境界ポイントが29箇所もあり、その上、山あり川あり!? (ちょっとオーバー)
トランジットとレベルを駆使して、専務が睨みを聞かせて、慎重に作業を行いました。。。
この丁張作業は、これから始まる建築工事の、全ての基準となる重要な作業なのです。

配置の検討も、CAD図面を作成するのも一苦労でしたが、実際の現場はそれ以上!!
図面片手に、何度も、何ポイントも、確認して回りました。
夢中だったので、蚊に刺されたことにも気づかずに作業していた鈍い私です。(笑)
そのくらい、ユニークな敷地のとりこになってしまっています。

家づくり日誌 | 小宮山建築事務所 |
2010.6.24

I 様邸 井戸工事

I 様邸の現場では建築工事に先駆けて行っていた、
消雪用の井戸工事が完了しました。

どうやら、井水は出たようです。。。 
掘ったのは30メートル、十分な水量があるようです。。。
職人さんの顔からも笑みがこぼれていたので、間違いなさそう!  一安心です!!

『ここは、絶対30メートルで大丈夫だから!』 と太鼓判を押されてはいたものの。。。
やはり地下の見えない部分のこと、本当に大丈夫なの? 多少は心配だった私です。
どれだけ掘ったら井水が出るのかを、プロはちゃんとお見通しだったようです! ホッ。

家づくり日誌 | 小宮山建築事務所 |

トップ 会社概要 ieナビ 家づくり日誌 施工例 新着情報
お問い合わせ リンク集 サイトマップ

株式会社 小宮山建築事務所
〒949-7513 新潟県長岡市西川口1867
TEL.0258-89-2107 FAX.0258-89-4780 MAIL.info@komiyama-ie.com

ページの先頭へ戻る